アルファ―ドのモデリスタのコンプリートカーロイヤルラウンジSP/ロイヤルラウンジが発売2週間で48台受注した。

30系アルファ―ドの公式サイトのカスタマイズカーというページがある。

そこにはオリジナルアクセサリーや『TRD』、『モデリスタ』のド派手なエアロパーツが売られている。

アルファ―ドの購入を考えている人なら誰もが見たことがあるだろう。

私も最近よく見ている???

そのサイトの一番下に

『コンプリートカー』ロイヤルラウンジSP/ロイヤルラウンジがあるのをご存知だろうか?

アルファ―ドには既にトンデモナイグレード『エグゼクティブラウンジ』がグレードの一部としてしっかりと掲載されている。

このエグゼクティブラウンジはトヨタ自動車が販売するトヨタブランドの中で最も高い定価を設定している(マジェスタより高い。レクサスは別)

それをはるかに凌駕するのがロイヤルラウンジSP/ロイヤルラウンジ。

中身はホントにスゴイ。そしてそれが48台売れたらしい。日本の社長さんはもっといるからもっと売れるかもしれない。

10

このヘッドレストは意味がるのだろうか・・・

06

このフロアマットはスゴイ。枯山水のようだ・・・

30

ブラックもあります。

11

時計が斜めに埋め込まれている。

20

これが前と完全に分離したパーテーション。『SP』だけの設定

31

読書灯がガンキャノンのようだ。

33

コントロールパネルもデカい。

34

ちょっぴりわかりにくいが24インチのテレビがついている。

ちなみにプレスリリースを抜粋して掲載します。

株式会社トヨタモデリスタインターナショナル(東京都杉並区:代表取締役社長 猪澤 豊)は、トヨタ「アルファード」「ヴェルファイア」のコンプリート車“Royal Lounge(ロイヤルラウンジ)” “Royal Lounge SP(ロイヤルラウンジ エスピー)”をアルファードは全国のトヨペット店、ヴェルファイアは全国のネッツトヨタ店を通じて12月24日に発売する。

“Royal Lounge”は、ベース車のアルファード並びにヴェルファイアが持つゆとりに満ちた大空間スペースに、リヤキャビンを2席のみとすることで、従来のVIPセダンを凌駕する頭上空間と足元スペースを確保すると共に、「くつろぎ」と「おもてなし」を提供する充実した装備により多忙な日常を送るエグゼクティブオーナー層へ心から安らぐ空間を実現した。

リヤキャビンの2席の“専用VIPシート”は、ファーストクラスのシートのように背中から頭部までを包み込むようなハイバックチェアを採用すると共に、エア圧によって作動する“リラクゼーションシステム”も採用。また“24インチ液晶ディスプレイ”と“JBLプレミアムサウンドシステム”に加え、リラクゼーションシステムやテレビなどのいろいろな快適装備を直感的に操作できる“集中コントロールタッチパネル”を装備。また冷蔵庫やマガジンラックを装備する“エクストラキャビネット”を設置。さらにプライベートな空間を追及した“Royal Lounge SP”にはエグゼクティブオーナー層を意識しフロント席とリヤキャビンを仕切る“フルパーテーション”も標準装備している。

デザインについては“J Modern Lounge”をコンセプトに気品あふれる「和テイスト」をちりばめ、最上級のおもてなし空間を演出した。

車両価格

【“Royal Lounge” “Royal Lounge SP”車両価格】

車両 架装メーカー希望小売価格 ※1 北海道地区架装メーカー希望小売価格 ※2
アルファード
ヴェルファイア
Royal Lounge ガソリン 2WD 13,878,982円 13,904,902円
4WD 14,073,382円 14,099,302円
HV E-Four 14,393,455円 14,419,375円
Royal Lounge SP ガソリン 2WD 14,946,218円 14,972,138円
4WD 15,140,618円 15,166,538円
HV E-Four 15,460,691円 15,486,611円
◆◆◆アルファ―ドの買取価格が高いのはこのサイト!!◆◆◆
アルファ―ドの買取価格が高く出やすいのは↓
アルファ―ドの買取価格が高く出やすいのは↓