【プレスリリース】アルファ―ドがマイナーチェンジして予防安全パッケージを標準装備したよ!その代わり高くなりました( ;∀;)

トヨタの高級ミニバンアルファ―ドがマイナーチェンジをしました!これにより弱点である安全面の問題を解消。更に売れること間違いなしです。けどちょっと高くなったけどね。またデザインではメチャクチャ厳つそうに更に変更。カッコイイぞ!そして強そうだ(笑)安全面+新デザインで確実に売れるでしょう。またエンジンもV6の3.5リッターエンジンが301馬力と性能も大幅アップ&燃費も向上&8速オートマチックトランスミッションで運動性能も向上ですよ。スゴイです。

それではトヨタからのプレスリリースです。

TOYOTA、アルファード、ヴェルファイアをマイナーチェンジ

-自転車や夜間の歩行者も検知可能な予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」(第2世代版)を標準装備-

TOYOTAは、アルファードならびにヴェルファイアをマイナーチェンジし、アルファードは全国のトヨペット店、ヴェルファイアは全国のネッツ店を通じて、2018年1月8日に発売します。

今回のマイナーチェンジでは、第2世代を迎えた予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を全車に標準装備しました。単眼カメラとミリ波レーダーの性能向上により、自転車の運転者や夜間の歩行者も検知可能な「プリクラッシュセーフティ」や、レーダークルーズコントロール作動時に車線維持に必要な運転操作の支援を行う新機能「レーントレーシングアシスト(LTA*1)」を搭載しています。さらに、リヤクロストラフィックアラート(RCTA*2)やブラインドスポットモニター(BSM*3)を新設定*4するなど、予防安全装備を充実させ、安全運転支援の強化を図りました。

デザインにおいて、エクステリアはヘッドランプ、フロントグリル、フロントバンパー、バックドアガーニッシュ、リヤコンビネーションランプを意匠変更することで、それぞれの個性をより際立たせました。インテリアはメーター加飾やシート表皮、木目の色を変更し、高級感をさらに高めました。
また、エアロ仕様として、ゆとりのセカンドシートを備える最上級グレード「Executive Lounge S」をアルファードに、「Executive Lounge Z」をヴェルファイアに設定。専用インテリアとして「ブラック&ホワイト」の内装色を採用し、シルバー木目調の専用加飾や、防汚処理加工を施したホワイト色のプレミアムナッパ本革シートとともに、先進的でモダンな室内空間を演出しています。さらに、ハイブリッドのエアロ仕様にエントリーグレードのアルファード「S」、およびヴェルファイア「Z」も設定しました。

走行性能では、よりダイレクトな走りの実現と高い燃費性能を確保したV6・3.5Lエンジン(2GR-FKS)&Direct Shift-8ATを採用しました。また、構造用接着剤の適応範囲拡大や高剛性ガラス接着剤の使用などによりボディ剛性を高め、優れた操縦安定性と乗り心地を実現させています。

また、ウェルキャブ(メーカー完成特装車)についても、ベース車と同様の改良施すとともに、“サイドリフトアップチルトシート装着車”を新設定*5しました。チルト機構の導入により、シートが前傾するため、利用者のシートへの着座、立ち上がりをサポートし、介助者の負担を軽減。また、車外へのシートの張り出しを少なくし、乗降に必要なスペースを約55cmに抑えたことにより、一般家庭の駐車場や外出先の狭いスペースでも乗降を可能としました。

【予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を全車に標準装備】

「統合安全コンセプト*6」に基づいた衝突回避支援システム「Toyota Safety Sense P」に設定されているプリクラッシュセーフティをはじめとする各種機能の性能を向上させるとともに、新たに「レーントレーシングアシスト(LTA)」、「ロードサインアシスト(RSA*7)」などをパッケージ化し、安全装備がさらに充実。高い認識性能と信頼性を両立させることで、多面的な安全運転支援を可能にしました。

≪Toyota Safety Senseの機能≫
  • 昼間の自転車の運転者や夜間の歩行者の検知機能を追加した「プリクラッシュセーフティ」
  • レーダークルーズコントロール作動時に車線維持に必要な運転操作の支援を行うほか、車線から逸脱する可能性があることを警告し、車線からの逸脱を避けるためのステアリング操作支援をする「レーントレーシングアシスト(LTA)」
  • 設定車速内で先行車の車速に合わせて速度を調節することで一定の車間距離を保ちながら追従走行が行える「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)」
  • 先行車や対向車を遮光しながらハイビームを照射する「アダプティブハイビームシステム(AHS*8)」*9
  • カメラで認識した道路標識を、マルチインフォメーションディスプレイに表示することで道路標識の見落としを減らし、安全運転を促す「ロードサインアシスト(RSA)」
≪付帯機能≫
  • 先行車が発進したことに気づかず停止し続けた場合、ドライバーにお知らせする「先行車発進告知機能(TMN*10)」

【販売概要】

  1. 販売店
    アルファード:全国のトヨペット店
    ヴェルファイア:全国のネッツ店
  2. 月販目標台数
    アルファード:3,600台
    ヴェルファイア:4,500台
  3. 店頭発表会
    2018年1月20日(土)、21日(日)

【メーカー希望小売価格】

定員(人) エンジン トランスミッション 駆動 価格*1
(消費税込み)
X 8 2AR-FE(2.5L) Super CVT-i 2WD 3,354,480*2
“サイドリフトアップチルトシート装着車” 7 3,541,000*3
S 8 3,692,520*4
7 3,735,720*4
“サイドリフトアップチルトシート装着車” 3,790,000*5
“A パッケージ” 3,905,280*2
“C パッケージ” 4,362,120*2
G 4,185,000*2
“サイドリフトアップチルトシート装着車” 4,220,000*3
GF 2GR-FKS(3.5L) Direct Shift-8AT 2WD 5,205,600*6
“サイドリフトアップチルトシート装着車” 4,632,000*7
SC 4,947,480*8
Executive Lounge 7,034,040*8
Executive Lounge S 7,183,080*6
X 8 リダクション機構付のTHSⅡ
(2AR-FXE 2.5L)
+E-Four(電気式四輪駆動)
4,363,200
7 4,405,320
“サイドリフトアップチルトシート装着車” 4,493,000*9
S 4,610,520
G 4,975,560
“F パッケージ” 5,529,600
SR 5,120,280
“サイドリフトアップチルトシート装着車” 5,119,000*9
“C パッケージ” 5,674,320
Executive Lounge 7,358,040
Executive Lounge S 7,508,160

Super CVT-i:Super Continuously Variable Transmission-intelligent(自動無段変速機)THSⅡ:TOYOTA Hybrid System Ⅱ

  1. 北海道・沖縄のみ価格が異なる。価格にはリサイクル料金は含まれない
  2. 4WD車は、249,480円高
  3. 消費税は非課税。4WD車は、228,000円高
  4. 4WD車は、250,560円高
  5. 消費税は非課税。4WD車は、229,000円高
  6. 4WD車は、194,400円高
  7. 消費税は非課税。4WD車は、231,000円高
  8. 4WD車は、193,320円高
  9. 消費税は非課税

アルファード 車両情報はこちら http://toyota.jp/alphard/

以上がプレスリリースになります。

◆◆◆アルファ―ドの買取価格が高いのはこのサイト!!◆◆◆
アルファ―ドの買取価格が高く出やすいのは↓
アルファ―ドの買取価格が高く出やすいのは↓